お申し込みはこちらから お電話はこちらから
2018.02.09

鹿児島県の建設業債権の買取事例

建設会社社長イメージ

買取金額 720万
取引 2社間
振込 2営業日
業種 建設業

先日ご利用いただいた建設会社経営の方からいただいた活用事例を紹介したいと思います。

「保証人が不要という点が良かった」

ファクタリングサービスを初めて利用し驚いたのが、なんといっても不動産担保や保証人が一切不要という点です。
もちろん、アンカーガーディアンさんへ行く前に銀行や消費者金融を周りましたが、どこも出た言葉は「何か提供出来る担保はありますか?」というものでした。
つまり、お金と同等の価値を持った“不動産”や、弊社からの返済が滞った時に代わりに支払う“保証人”を差し出せという事です。
両者共に用意する事が不可であった弊社では、この担保の問題をどうしてもクリアすることが出来ず、資金繰りは暗礁に乗り上げた状態となってしまいました。
このままでは倒産…そんな事が頭をよぎった時に知ったのが、ファクタリングという選択肢です。
簡単に申し上げると、債権を買い取り、その代金を支払う、という流れのためファクタリング会社にとっては債権を回収できないというリスクが低く、保証人等は不要なのだそうです。
つまり、担保がネックであった弊社にとってぴったりマッチする資金調達方法であり、知ったときには「これしかない!」という気持ちでした。
結果、弊社ではあんなに苦しんでいた資金繰りを僅か2日で解決(調達額720万円)するという快挙を成し遂げ、無事困難な局面を乗り越える事に成功しました。
(もちろん、アンカーガーディアンさんの尽力があってこそですが。)
また、今回利用したのは「2社間ファクタリング」という方式のファクタリングサービスでしたが、こちらは取引先への債権譲渡通知が不要だそうで、無事取引先に知られずに資金調達する事が出来た点にも満足しています。
また資金調達が必要になった際には利用したいサービスだと思いました。

消費者金融や事業ローンはどうしても”借入”となってしまい決算書上も見栄えが良くありませんよね。
その点、ファクタリングは「売掛債権の売買」となるため借入のデメリットを払拭できるのです。

乗り換えご検討中の方はコチラ
Copyright©2018 アンカーガーディアン All Rights Reserved.