お申し込みはこちらから お電話はこちらから
2019.03.05

中小企業に多い“間違った”資金繰り知識

比較的小規模な経営である事が多い中小企業に於いて、多くの会社が間違っている資金繰りの知識についてまとめました。いざという時に困らないためにも、まずは正しい知識を身に付けましょう。

『黒字でも融資が下りない理由』
多くの経営者様は融資を受けるには“売上高が最も重要である”と考えておられますが、それは半分本当で半分間違いです。売上高が多く、利益が多く出ている会社であっても倒産する危険性は十分にあり、事実バブル期には沢山の西日本企業が黒字倒産に陥っています。弊社にも「黒字なのに融資が下りない…」とご相談に訪れる社長様がいらっしゃいますが、会計資料を見せて頂くと、多くの不良債権を抱えており、倒産の危険を持つ企業様であった事が共通点として挙げられます。資産が多い、売上が多い、という事はあくまで指標の一つに過ぎず、融資を受けるための決定打とはならないのです。

『ネットで拾ったテンプレはNG』
「事業計画書」「資金繰り表」「株主名簿」「株主総会議事録」etc…
資金調達を行う場合、多くの資料の提出を求められます。作成方法が分からないばかりに、インターネットで拾ったものや銀行から貰ったテンプレートを使用する経営者様が多い印象を受けます。実際に銀行へ提出した書類を拝見させて頂くと、テンプレの数字や文言をそのまま用いてしまっており、実態に合っていない内容である事が多く、融資不可決定を受ける原因と一つとなっています。見慣れない法律用語や数字が並び作成は困難を極めるとは存じますが、極力自社の実態に伴った内容を自社の言葉で作成するように致しましょう。

『銀行が重視するのはあくまで“計画性”』
もちろん、数字や文言が合っている事、返済能力がある事は、融資を受ける際に非常に重要な判断ポイントです。しかしながら、銀行はそれ以上に企業の“将来性や計画性”を見ています。どのくらいの売上を見込んでおり、どのくらいの利益を上げ、どのくらい成長する見込みなのかを重点的に審査しており、黒字であるか否かは二の次なのです。また、借りたお金を企業の発展のためにどのように使用するのかを明確にする必要があり、設備投資が目的であれば見積書を添付する等の“裏付け・根拠”も大事です。さらに、計画を実現させるためにきちんとした運営を行って来たかどうかも判断されます。具体的には、売上を上げるためにどのようにお金を使っているのか、不良債権は無いか等の破綻リスクも審査の対象になります。事業計画書の作成は非常に難しいですが、出来るだけ丁寧に企業の展望について具体的に明記しましょう。

『ファクタリングでB/Sを調整』
会計資料を改ざんするのではありません。前述した「破綻リスク審査」は、事業の利益だけではなく、当該企業が有している不良債権も同時に調査され、如何に多くの利益が出ていたとしてもB/S(貸借対照表)の売掛金が余りにも多かったり、入金スパンが不規則であったりすると、融資を断られてしまう場合があります。ファクタリングで不良債権を売却することで流動的な債権の割合をアップさせ、銀行からの評価をもう一押しする事が可能です。石橋を叩いて渡る、という意味でも、ファクタリングで最終調整を行ってみてはいかがでしょうか。

■餅は餅屋~プロに任せる事も重要
小人数で運営しているお会社の場合、経理を経験した事が無い方が入力作業を行われているケースが目立ちます。もちろん、経理の経験が無くとも仕事をこなされている方も多くいらっしゃいますが、資金繰りに於いては“ちょっとした経験不足”が致命的なエラーとなる可能性を十分に孕んでいます。「全て自分でやる」という責任感が強い社長様が多いですが、資金調達の事に関しましては、税理士や弊社のようなプロに一任してしまうのも一つの手です。


『ファクタリングからB/S対策までを総合サポート』
弊社では、ご相談頂いた西日本エリア企業様の債権を買取らせて頂き、バランスシート(貸借対照表)のスリム化によって銀行融資を受けやすい財務状況へ導くサポートを行っています。年間1,000件を超える実績があり、税理士や会計士では出来ない、多角的な視点により資金繰りを総合支援が可能です。銀行に断られてしまった、これから融資を申し込もうと考えている等の企業様は、是非弊社の無料診断をご利用下さい。

乗り換えご検討中の方はコチラ
Copyright©2019 アンカーガーディアン All Rights Reserved.