Line@友だち追加で無料相談受付中
Line@友だち追加で無料相談受付中
お申し込みはこちらから お電話はこちらから
2019.06.11

ビジネスローン・銀行融資・ファクタリングの違いを徹底解説

ビジネスローンと銀行融資の違いとは?
ビジネスローンと銀行融資は、貸付サービスとしての本質が違います。
貸し手が銀行か貸金業者(消費者金融・審判会社)によって、銀行融資やビジネスローンが区別されると勘違いする人がいます。
銀行でも、銀行融資とビジネスローンの双方を扱っていることもあり、融資・審査・利用条件に差があります。
個人向けの貸付商品で見た場合、住宅ローンを利用する場合は基本的に銀行を利用します。(一部で共済や信用金庫でも可能)
フリーキャッシングは消費者金融の得意分野ですが、貸金業者だけではなく銀行もカードローンなどでフリーキャッシングに対応しています。
銀行融資は名称の通り銀行に限定したもの。ビジネスローンは貸金業法か銀行法いずれかの登録を受けている業者が提供できます。

簡単にまとめるとビジネスローンは銀行融資よりも金利が高いですが、手軽に利用できます。
ビジネスローンは銀行融資の審査に通らない場合に利用する方法と、資金調達までの時間に制限がある場合に利用する方法があります。

<主な使い分け事例>
~銀行融資の審査に通る可能性があるけどビジネスローンを使う場合~
・至急資金調達したい
・待たされた結果審査に落ちると問題が生じる(つなぎ融資で活用する事例もあり)
・短期借入
・申込手続きに時間と労力をかけたくない

~銀行融資を利用するケース(審査に問題ないことを前提)~
・多額の資金調達が必要
・設備投資などで長期返済したい(月々の返済負担を少なくしたい)
・銀行との取引実績を残して、将来の資金調達を有利にしたい
・資金調達までに時間の余裕がある

~ビジネスローンしか利用できないケース~
・前期は黒字だが、2期前・3期前は赤字。もしくは3期以上迎えていない
・決算の数字は悪くないが将来の見通しが立っていない(事業計画書を作るのが困難)

~ビジネスローンの使い分け(銀行のビジネスローンとノンバンクのビジネスローン)~
・審査に問題ない → 銀行系
・審査に不安がある → ノンバンク系
・少しでも早く借入したい → ノンバンク系
・少しでも早く審査回答をもらいたい → ノンバンク系
・数万円程度の少額借入をしたい → ノンバンク系

<必要書類の違い>
~銀行融資~
・決算書(個人事業主は確定申告書)
・事業計画書
・資金繰り表
・納税証明書

~ビジネスローン~
・決算書(個人事業主は確定申告書)
・事業実態を証明する書類や情報
・ビジネスローン専用の簡易的な事業計画書

必要な書類は金融機関や審査・申込状況によって異なってきます。
その他、謄本や身分証の提出も原則必要です。

『審査基準はどれくらい違う』
ビジネスローンは、決算の数字や属性、既存の借入状況などによるスコアリング審査を重視しています。
銀行融資はスコアリング審査も行いますが、最終的には豊富な融資経験を持つスタッフによる裁量(人の手)で行われます。
銀行は経済の悪化など外部環境や銀行の都合によって、突然追加融資を断る「貸し剥がし」を行うケースがあります。
ビジネスローンは、法改正や金融機関の運営方針変更などの影響を受けるケースもありますが、銀行に比べて利益や借入残高などの財務状況が悪化していないのに貸し剥がしを受けるリスクが低いです。
また、創業融資をはじめ日本政策金融公庫の貸付制度などを利用する銀行融資は、事業計画書など用意する書類の内容によって審査状況が異なってくるため、何度も審査を受け直すことで融資を得られるケースがあります。
資金調達専門のコンサルティング業者もあり、高額融資を利用するためにコンサル料を払って利用するケースもあります。
ビジネスローンは決算の数字や創業時期などの数字が重視されるので、
一度断られると再審査に通ることはほとんどありません。
基本的には銀行融資よりビジネスローンの方が審査は甘いですが、審査方式が違うため一部でビジネスローンで断られた人が銀行融資の審査に通るケースもあります。

<ファクタリングを使った方がいい場面はある?>
基本的には以下の優先順位で検討するのがセオリーです。

銀行融資  
 ↓
銀行のビジネスローン 
 ↓ 
ノンバンクのビジネスローン
 ↓
ファクタリング

金利が高いノンバンクのビジネスローンと比較した場合でも、ファクタリングの手数料は割高です。
ビジネスローンの審査に通れば、そのまま借入で対処することをオススメします。
例外として、同じ最短即日融資が可能でもファクタリングはビジネスローンよりも審査スピードが早いです。
取引先や外注先が資金調達の可否を待っている又は資金調達できるかで受注が決まる1分1秒を争う場面等では、ビジネスローンよりもファクタリングを利用した方が良い場面もあります。
また、ファクタリングは基本的にノンリコース(償還請求権なし)で、売掛先が倒産などで支払いをしなかった場合でも弁済義務がありません。
売掛先の貸し倒れや遅延のリスクを懸念してファクタリングを利用する需要もあります

乗り換えご検討中の方はコチラ
Copyright©2019 アンカーガーディアン All Rights Reserved.