お申し込みはこちらから お電話はこちらから
2018.04.20

ファクタリングを使ってキャッシュフローを正常化しよう
ファクタリングを使ってキャッシュフローを正常化しよう
今回は、融資に向けてファクタリングを活用し、借入返済・税金を支払うことで、
負債を減少させといく話をしていきたいと思います。

ファクタリングは融資と違い、元受け(売掛先)の審査が重要視されるので、決算書が赤字でも審査は通りますので安心してください。
重要なのは元受け(売掛先)なのです。ファクタリングを上手く使うことで決算書の内容を良く見せることもできます。
ファクタリングで売買した資金を滞納している税の納付に利用するのも良いと思います。
税金の滞納をなくすことで、銀行などの金融機関からの融資も受けやすくなるので一つの手段だといえます。
銀行などの金融機関からの借入でも現金は増えますが、同額の借入金(負債)の増加になってしまいます。
ファクタリングを利用するとキャッシュフローの資金が増加し、売掛金が減って現金が増えることになります。
営業活動によるキャッシュフローで資金の増加となります。
営業活動においてのキャッシュフローで資金が増加していた方が、決算書の評価も高くなるのです。

ファクタリングを使ってキャッシュフローを正常化しようでしたが
ファクタリングを利用することは、利益の減少になる恐れがあるので使いすぎは注意しないといけません。

乗り換えご検討中の方はコチラ
Copyright©2018 アンカーガーディアン All Rights Reserved.