お申し込みはこちらから お電話はこちらから

ファクタリングとは売掛金を現金化する売買取引です。

ファクタリングの利用で事業資金の資金調達を行う様子

ファクタリングとはお客様が保有する売掛金を、弊社が買取り その債権の現金化までを行う売買取引です。
通常であれば売掛金は、売掛先の支払い期日まで現金化することができませんが弊社ファクタリングを利用していただくことにより通常の支払い期日より早く売掛金を現金化いただくことが可能となります。
欧米では最もポピュラーな資金調達の方法の一つとして様々な企業に使用されています。
日本でも中小企業者が不動産担保に過度に依存せず資金調達ができるよう経済産業省中小企業庁で利用を促進しています。

銀行融資との違い

ファクタリングと融資は似て非なるものです。
融資では、借り手(債務者)の属性や借り入れ状況・過去の返済実績・経済状態などを考慮して実行の可否決定がなされるのに対し、ファクタリングでは”売掛債権”の売買となるため、評価されるのは基本的に売掛金の価値(取引先の信頼性や売上の実在性、継続性など)となります。

つまり銀行から融資を断られたとしても信頼性の高い入金予定があれば、その債権を譲渡する形で素早く現金を手に入れることができるのです。
具体的には返済リスケ・税金滞納・債務超過などの状態でも、売掛金さえあれば資金調達が可能というわけです。

実はこの銀行融資との違いこそが、以下で解説する「ファクタリングのメリット」に直結してくるのです。

ファクタリングのメリット

メリット1担保は必要ありません

担保や保証人、手形が不要の融資ではない新しい資金調達方法のファクタリング契約の様子

銀行やノンバンクなどの金融機関で資金調達される場合、お客様の財務内容、借り入れ件数、借入総額、条件変更の有無などにより、その可否が決定されますがファクタリングであれば取引先(売掛先)の信用が重視されるためお客様の借り入れや財務内容に関しましてはそれほど問われません。
また、担保や保証人、手形は必要ありませんので、金銭消費貸借に代わる新しい資金調達としてご利用いただけます。

同時に融資に比べれば審査項目も格段に減るため、実行可否の判断スピードが早いのも特徴です。
請求書や銀行通帳など証跡書類さえ揃っていれば、問い合わせ後数時間で審査完了ということだって珍しくありません。
また、自身の信頼よりも売掛先の信頼を重視されるため、資金調達のハードルは金融機関に比べ圧倒的に低いと言えるでしょう。

メリット2秘密を保持できます

完全機密保持のファクタリング契約

銀行などが通常行うファクタリングは、お客さま、取引先(売掛先)、当社の3社間での取引となり、取引先(売掛先)の承諾をえて行ないますが弊社では、お客さまと当社のみでおこなう2社間のファクタリングもご利用いただけます。
2社間でのファクタリングの場合、当社と取引先(売掛先)とは連絡、契約などは一切いたしませんので、取引先に知られることなく、信用の面でご心配なくご利用いただけます。

機密保持に関しては徹底しており、書類の送付先や電話連絡先・連絡時間などを事前に社長様と取り決め、第三者にファクタリング取引を悟られないよう細心の注意を払っています。
仮に会社関係者やご家族から弊社宛に問い合わせをいただいたとしても御本人以外に契約内容を口外することはございません。
資金調達は今後の事業やお客様の信頼性に大きく影響するため、機密保持は重要なメリットと考えております。

メリット3早期(最短即日)で資金化

即日融資も可能

ご相談いただきます売掛金を最短即日で資金化することが可能です。
急な資金繰りが必要な場合でも安心してご相談ください。
迅速な対応に自信があります。

弊社ではお申込みいただいた約80%の方が即日〜翌日契約で資金調達に成功しております。他社に断られた方でも対応可能な場合がございますので、お気軽にお問い合わせください。

資金調達においてスピードがどれほど重要かは痛いほど理解しております。
緊急で現金が必要な方には即日面談を行い支払い期限までに買取を成立させるなど、可能な限り社長様と歩み寄りベストな対応をしております。
アンカーガーディアンでは1分1秒でも早く!をモットーに皆様の経営をお手伝いできるよう邁進しております。

メリット4償還請求権がありません

ファクタリングのメリットに喜ぶ男性

売掛先が倒産した場合、お客さまの支払い義務は発生いたしません。
資金調達とリスクの低減を同時に行えるのがファクタリングの大きなメリットです。

ノンリコースとも呼ばれる取引形態で、実は非常に重要なポイントです。
資本金数十億の一部上場企業ですら倒産や身売りを繰り返す昨今では、数ヶ月後の入金は100%保証されたモノと言い難いのが実情です。
毎年8,000社以上が倒産している時代ですので、売掛金を残したまま倒産してしまったというケースも想定されます。

同じ売掛金を使った資金調達「売掛金担保融資」では、万が一担保である売掛金が消滅したとしても返済義務が残るのに対し、ファクタリングは債権を譲渡(売却)するため、これらの責任を負う必要はありません。
資金の前倒しだけでなく、売掛先倒産のリスクヘッジとしても有効な手段と言えるのです。

ファクタリングのタイミングとは

ファクタリングを実施するタイミングについて

例1

卸売業や製造業の場合、売掛金の入金が末締めの翌々月15日に対して下請けへの支払い及び従業員への給与が翌月の25日・翌月末の場合、15〜20日間ぐらいの資金不足が起きてしまいます。

このような場合、支払日を売掛金の入金後にずらすのも1つの方法ですが、給与・下請けへの支払いを変更することは色々な弊害が生まれる可能性があります。
従業員の離職や下請け離れなど事業存続が危ぶまれます。

例2

工事請負業者業界の場合、出来高請求は、下請けが請求する出来高と売掛先が認める出来高との差がその通りに資金繰りに反映します。
工事全体の完成後支払いの場合は自社の工事範囲と工事全体の完成時期のずれが資金繰りに反映します。

昨今、下請け業者確保が困難な状況が続いている中では支払い日の変更はかなりのリスクを伴うと考えられます。

以上のような状況の場合、ファクタリング(売掛金買取サービス)のご利用をお勧めします。
支払日は変更せずに売掛金を売却することにより売掛先から入金日を早めてもらうのと同じ効果を得ることが出来ます。

乗り換えご検討中の方はコチラ
Copyright©2018 アンカーガーディアン All Rights Reserved.